暑熱順化とは

気温や湿度が高い環境下において、体温を調整する機能が正常に働かなかったり、体の中の水分や塩分(ナトリウム)が減少したりすることなどを原因として発症する”熱中症”。

総務省消防庁の報道発表資料によると、熱中症の患者さんが多く発生する5~9月に、2018年は過去最多の95,137 人が、また昨年2019年は過去2番目に多い71,317 人が、救急搬送されました。

この救急搬送人員数が象徴的であるように、決して他人事ではなく誰もがかかる可能性のある熱中症は、梅雨明けの気温が急上昇する時期に発症リスクが高くなります。

私たちの身体には、汗の量が増えるなどして体温が上がりにくくなるといった、暑さに徐々に適応する能力があります。これを”暑熱順化(しょねつじゅんか)”と呼び、獲得するのに数日から2週間程度時間が掛かるとされています。梅雨明けに急に暑くなると、暑熱順化を獲得できていないことが多いため、熱中症にかかりやすくなるのです。なお暑熱順化は、本格的な暑さが到来する前のやや暑い環境下での毎日30分ほどの運動によって獲得が可能となります。梅雨明けに向け、今から準備をすることがお勧めです。

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、今夏は呼吸がこもり体温が上昇するマスクの着用が必要となります。例年にも増して熱中症の予防が大切ですので、暑熱順化にも着目してみてください。

熱中症

 

Follow me!

前の記事

番組出演