最期を迎える場所

”143万9856人”

2021年に我が国で亡くなった人の数です。今年9月、厚生労働省の「令和3年(2021)人口動態統計(確定数)」で公表され、1年間の死者数として戦後最多を数えるに至りました。

私たちは皆、いずれ最期の時を迎えることとなります。その瞬間は思いがけず急にやってくる場合もあるため、希望が叶わない可能性もありますが、どのような最期を望むのか、日頃から考えておくことが大切です。

上記した昨年亡くなられた人のうち、95万人弱が病院で息を引き取りました。病院で最期を迎えることは是が非でも避けたいと考える方がおられる一方、ホスピスや緩和ケア病棟での療養に関心を持つ方もおられることと思います。

ホスピス緩和ケアの普及啓発や情報提供などを行っている、特定非営利活動法人 日本ホスピス緩和ケア協会では、ホスピス緩和ケアを専門的に提供している全国各地の施設をホームページ上で案内しています。

関心のある方は、ご自身のお住まいの地域などにどんな医療機関があるのか、一度確認をしてみても良いかもしれません。