傷の手当

既に”梅雨入り”をした地域もありますが、5月は旅行に出かけたり、運動をするのに、とても良い時期ですね。

思う存分楽しみたいところですが、観光名所に目を奪われるあまり、あるいは運動に熱中するあまり、転倒して擦り傷を負ってしまった、なんてことも・・・。

そんな時、皆さんならどのように手当てをしますか?

「消毒薬で消毒をして、ガーゼや絆創膏を貼る」という手当てを思い浮かべるかもしれません。確かに、そうした手当てが、以前はごくごく当たり前でしたが、消毒薬が傷を治す細胞(=ジュクジュクとした体液)の機能に悪影響を及ぼし、傷の治りが悪くなってしまうことがわかってきました。

では、どうすれば良いかというと、まずは傷口を水道水で洗います。続いて、ドラッグストアや薬局で販売されている「ハイドロコロイド被覆材(=傷パッド)」で、傷を覆います。この被覆材、傷を治す細胞を吸収することにより、傷の治りを早くしてくれます。

擦り傷を負わないのに越したことはありませんが、もしもの時には、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

Follow me!